仕込み水は日本酒の醸造に使われていた「桃の井」名水。 また、世界的に下面発酵が主流を占める中、 あえて独自の芳香とコクにこだわり、上面発酵を採用。 京の食文化に馴染み、根付いてゆくことのできる味を目指した結果です。長年培ってきた酒造技術と職人たちの磨き抜かれた舌で研究を重ね、京の食を引き立てる上品な味わいに仕上げています。
かつて、キンシ正宗の酒を育んできた酒蔵。 ここで京の地麦酒は誕生します。 先人が大切に守ってきた伝統的建築物としての酒蔵の姿を変えることなく、地麦酒作りのための設備を導入。 まさに京都の地麦酒と呼ぶにふさわしい環境で、製造されています。
トピック TOPIC
イベント EVENT