京都市 中京区
京都市 東山区
京都市 左京区
京都市 下京区
京都市 上京区
京都市 右京区
京都市 西京区
京都市 北区
京都市
京都市 伏見区
京都市 南区
城陽市
向日市

「新常磐蔵」では予め予約していただければ、酒造りの行程を見ながら、蔵出しの酒を試飲していただける見学(1名様500円※)を随時行っております。
日・祝日・土曜(変則的)は休業日の為、見学はお受けできません。
(担当者が不在の場合等、上記以外でも見学をお断りする場合がございます。)
※夏季の期間(概ね6月~9月)は酒造りを行っておりませんので、酒造りの工程をご覧いただくことはできません。
工場内のご案内と、工程のご説明・試飲のみとなりますので、予めご了承をお願い致します。

蔵見学における注意事項

・納豆禁止
納豆菌はとても強力な菌で、これが混入すると酒造りは出来なくなってしまいます。
出来れば蔵見学の前日から納豆は食べることをお控え下さい。最低でも当日は納豆を食べないでください。

・香水禁止
杜氏や蔵人は五感をフルに使って仕事をします。中でも嗅覚はとても大事な感覚です。
蔵の中に香水の香りを残されると、蔵の中に異変が起こった時に気付くのが遅れてしまいます。残り香というものは皆さんが思っている以上に残ります。
弱い香りであれば平気なのですが、その線引きが難しいので香水は全般禁止とさせていただきます。また、香りの強い整髪料とかも同様です。

・試飲はあくまで試飲です
最近、試飲をされるときに「おつまみなどがあれば尚よい」と言う意見をよく耳にしますが、蔵の中でのその様な提供は御座いません。

・酒蔵見学へのご理解
酒造りは酵母などの微生物や麹菌などの菌によって支えられています。蔵の中はやはり日常とはかけ離れた場所になります。その中で杜氏や蔵人は真剣に仕事をしています。上記の事を必ず理解してからお越しください。
世間様に日本酒の理解を深めてほしいという思いで蔵見学を受け付けていますが、最低限のルールはお守り下さい。
もしも守れない場合、見学の中止・お断りさせていただくこと御座います。ご注意ください。

(※2016/9/1より価格改定させていただきました。)
キンシ正宗の本社蔵内にある常磐井の水は、日本の名水百選にも選ばれた御香宮に湧きでる御香水と同じ水脈です。
現在においても常磐井は毎時70トンを揚水し、この「自然の恵み」を「命の水」としてキンシ正宗の酒は造られます。

■常磐井 井水検査成績書

採取日:平成28年8月19日
項目 検査結果 単位 基準値 定量下限値
一般細菌 2 個/ml 100個/ml以下
大腸菌群 検出せず 検出されない事
カドミウム 0.001未満 mg/l 0.01mg/1以下 0.001
水銀 0.00005未満 mg/l 0.0005mg/l以下 0.00005
0.001未満 mg/l 0.1mg/l以下 0.001
ヒ素 0.001未満 mg/l 0.05mg/l以下 0.001
六価クロム 0.005未満 mg/l 0.05mg/l以下 0.005
シアン 0.001未満 mg/l 0.1mg/l以下 0.001
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 4.95 mg/l 10mg/l以下 0.02
フッ素 0.08未満 mg/l 0.8mg/l以下 0.08
亜鉛 0.005未満 mg/l 1.0mg/l以下 0.005
0.03未満 mg/l 0.3mg/l以下 0.03
0.01未満 mg/l 1.0mg/l以下 0.01
マンガン 0.005未満 mg/l 0.3mg/l以下 0.005
塩素イオン 14.8 mg/l 200mg/l以下 0.1
カルシウム、マグネシウム等(硬度) 42.4 mg/l 300mg/l以下 0.5
蒸発残留物 164 mg/l 500mg/l以下 1
陰イオン界面活性剤 0.02未満 mg/l 0.5mg/l以下 0.02
フェノール類 0.005未満 mg/l 0.005mg/l以下 0.005
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 0.7 mg/l 10mg/l以下 0.1
pH値 6.30 5.8〜8.6
異常なし 異常でない事
臭気 異常なし 異常でない事
色度 1未満 5度以下 1
濁度 0.1未満 2度以下 0.1
有機リン 0.1未満 mg/l 0.1mg/l以下 0.1
判定:上記項目について水質基準に適合
残留塩素 0.01未満 mg/l 0.01